まだまだ中級。暗渠ハンター(旧『東京Peeling!』)

『暗渠マニアック!』(柏書房)著者。以前まで『東京Peeling!』というタイトルで綴ってましたが容量限界に伴ってこちらに。これを機にタイトルも変更しました。だって暗渠のことしか書いてないんだもんw 「中級」とは上下の概念でなくどっちつかずの曖昧な(あやしい・胡散臭い)もの、というニュアンスでご理解ください。トークや展示などの告知もここでしていきます。

尾方博士に「沖縄のスリバチ」を教わった日①

11/17にあった『東京スリバチ学会の沖縄遠征!』ってのに参加してきました。

まあその内容はきっといろんなかたがたが書かれると思うのでそちらをご参照ください。


 

ここでは、その翌日に我々暗渠マニアックスが主催した緊急特別企画

『尾方博士のカルストツアー:今日、沖縄でホンモノのスリバチを体験するぜ』

について、書いておきます。

これが実現した経緯についてはまた後日(たぶん)どこかで書きますので、まずここでは事実、すなわち行程をご紹介するかんじで。

 

尾方先生(尾方博士)は、琉球大学の教員をされています。
(ブラタモリの那覇の回でもタモリさん相手にあちこちで解説をされていた方ですね)

専門は、『地球科学』って言っていいのかしらん。

世界をまたにかけ、地学、地理学、地質学などをベースに、地球、そしていまわれわれが立っているここ、この場所の成り立ちを研究してらっしゃる方。

その尾方先生に、贅沢にも沖縄の地を巡りながら解説頂く機会を頂戴しました。

そこに、東京スリバチ学会の皆川会長含め、
知的好奇心迸る前日の「
東京スリバチ学会の沖縄遠征!」参加メンバーを中心に、

総勢14名が集まってお教えを賜った、というわけです。

 

だいじなことなのでもう一度いいます。

このツアーのタイトルは、

『尾方博士のカルストツアー:今日、沖縄でホンモノのスリバチを体験するぜ』

です。

COErVYhg
このタイトルでのプログラムを制作し実演してくださった尾方先生もそうだし、

このタイトルのプログラムに率先して参加くださった皆川さんたちにも、

私は心から敬意を表したいです。

9時頃に「道の駅許田」に集合。屋上、西のほうの見晴らしが良い場所に移動して、

簡単な自己紹介のあと尾方先生から

「みなさんは、今日は東日本と西日本、どちらからいらっしゃいました?」

という問いからスタート。

たぶん尾方先生は以降もこの導入を使われると思うのでこの問いの答えは省略(笑)。

そして、遠く海の向こうに見える名護市方面を指しながら、

本州を成す秩父帯、四万十帯がここ沖縄まで続いており、
それらの境界があそこの指さす方からそっちのほうに亘っている、とのお話を聴く。

ふだんそういう「地質学的思考」で目の前の現象を捉えていなかったので、
私がふだん暮らしているあたりの地面のせめぎあいがここまで繋がっている、

ということにまず驚きました。

「暗渠は街の見方を変える魔法のメガネだ」

ってふだんから言ってますが、それは「地質だって魔法のメガネ」なわけです。

本来1日たっぷりかけるツアーですが、
参加者の半分が夕方の飛行機を取っているので半日に凝縮してプログラムを練っていただきました。

なので、そそくさと次のポイントに移動。

名護市を越えて本部町、塩川まで、クルマ3台に分乗して移動。

その名の通り、塩水が湧きだして流れを作る川なのです。

説明版には「そういう湧水は世界に2つしかない」と書いてありましたが、

それは「ウソだから信じないように」

と尾方先生。

IMG_4647

IMG_4648

IMG_4654


ここでは、先生の問いかけにみんなが答えるようにして、

水が雨として降ったあとの「蒸発」「涵養」「流出」の3つのゆくえについても教わりました。

そしてこの川に湧いているのは、決して海水ではなく

「塩分を含んだ地層」である「混合帯」を通過してくる塩水なんだ、と教えて頂きました。

私が一番反応したのは「トレーサーというものを使って、地下水の流れを確認する」ところでしたねー。

同位体とか、ウラニンという試薬を土壌にしみこませ、
それが予想した地点で湧いてくるかどうかを確認し、流れを特定するんだそうです。

「うっわトレーサー欲しい!」と思って

後日webで値段を確認したら、一式で10万円は軽くすることが判明。

いったんあきらめます…。

 

その他、石灰岩が採れる場所にセメント工場がある理由とか、

この場所(秩父帯)で採れる石灰岩と首里で採れる石灰岩との密度の違いとか教えていただいたし、

皆川会長からは「セメントとコンクリートの違い」なんかも教えて頂きました。

そして、今回持ってきた自前測定器で塩川の電気伝導率などを測定。

水温は25度ですが、

TDS5169ppm!(これまでいくつかの場所での測定値の30倍!つまり濃ゆーい塩水)
IMG_2709


そして電気伝導率(EC)はなんと、「測定不能」でした!

たぶん電気通しまくりなのでしょう。

IMG_2710

 

このあと山里カルストに移動しますが、

それは次の回で。

『東京人 12月増刊』号に柴又地図ナイトの採録が掲載されています

東京人12月増刊号 葛飾柴又を楽しむ本』、正式な発売日は11月13日だそうですが、9日辺りから本屋さんに入りはじめるようです。
 暑い暑い夏の日に、柴又の老舗料亭川甚さんで谷口榮さん・小林政能さんと暗渠マニアックスがやった「暗渠・境界線・微地形で柴又を読む 柴又地図ナイト」の採録が載っております。
いやー、料亭でディナーショーみたいな感じでやらせて頂いて、とても楽しかったです。

こんな話題とか。
キャプチャ

こんな話題を中心に話をさせていただきました。
キャプチャ1

記事は『東京のちいさな美術館めぐり』の浦島茂世さんが書いてくださいました。
どうぞお手に取ってみてください!

スーマーさんライブとのコラボトーク、やりました。

ギターとバンジョーを持ちかえながら、ハリとアジのある声でゆったりとうたいあげる、ハマの吟遊詩人、スーマーさん。
TV『深夜食堂』の劇中歌でもおなじみ。

先日の『はま太郎フェス』の共演ではじめてお会いしました。
はま太郎』ともご縁は深く、この15号のほかにも表紙を飾っていたり、
何度も寄稿してらしたり。
泥水は揺れる』というCDをその場でタイトル買いして、
以来暗渠ソングとしてずうっと(ほんとにずうっと)聴きこんでいたのです。

*
さて『はま太郎フェス』で出会った縁もあって、
10/22(月)の夜のスーマーさんLIVEに、暗渠マニアックスがコラボ参加させていただいたのでした。
なんで音楽LIVEに暗渠トーク?ですよね。
だって、この日のLIVE会場が横浜白楽は六角橋商店街、sammy'sSammy's Hawaiian Cafe')さんだというのですよ。
ここは、なんとお店の下に滝の川の支流が流れている暗渠カフェなのです!
予てからそれを知り、一度暗渠飲みに来たことがあったのです。
まさかその店であの『泥水』のスーマーさんが演奏を…!
これは聴きに行くだけでなく、すみません我々もなんかやらしてもらえませんか、と申し入れ、
快諾いただいて実現したものなのです。

*
当日は
・8時過ぎにゆるゆるとスーマーさんLIVE第1部スタート、
30分くらいやって
・9時頃スーマーさん第2部スタート。
そんで10時頃でしたでしょうか、
・吉村の滝の川トークを30分くらい。
もちろん足下の暗渠の話もね。
続いて私から
・「3分で語る『なぜ私は暗渠に魅かれるのか』」トーク。
キャプチャ

その後アンコールで、吉村イメージスライドを映しながら
・スーマーさんに『泥水は揺れる』を歌って頂く(しつこいけど、しかも暗渠上で)、
という超贅沢な3時間でございました。
IMG_2198


*
全て我々の暗渠トークを聴くのは初めて、というお客さまでしたが、
トークもたいへんよろこんでくださいました。
みなさま、あたたかく迎えてくださってほんとうにどうもありがとうございました。

*
このお店でのスーマーさんLIVEは、また12月にあるそうです。
さて、そのとき再コラボは、あるのか?ないのか?(さっき12/10に再びコラボLIVE決定しました!)

*
この日は月曜日。本業でもしなにか急な案件があって行けないリスクを考えて、
私は上のように「あってもなくてもそんなに大勢に影響のない」短いコラム的なトークをしました。
もし次があるなら、こんどは
・ケーシー高峰が黒板を使うようにスライドを使って
・ゲースィー高山って名前で
・寄せられたお客様の疑問(架空のね)に応えて話をすすめる
・暗渠クリニックor暗渠研究室的ミニコーナー
をやろうかと思っています。
白衣も持ってるのでw






暗渠×マーケティング でトークしてきました。

去る10月16日、とあるビジネスセミナーにお呼びいただいて、
暗渠と私の仕事(本業)に関するお話をさせていただきました。
ビジネスセミナーですよ(笑)。

暗渠だけ、またはビジネス(マーケティングや広告、コミュニケーション)だけ、
どちらか一方のトークはこれまでやってきましたが、
両方のミックスはさすがに初めてでした。
もちろん暗渠と本業は、私の中でがっちりリンクして互いを高め合ってるのですが(ホントに)、
それを言語化・スライド化するのは、
やはり初めての作業でした。

「オリケン(折込広告研究所)セミナー」という、継続して続けている勉強会で、
(私の次の回は、デジタルマーケティング界のスター本間充さんですよ!)
セミクローズドっぽいかんじの告知だったし、平日夕方からの開催だし、
オーディエンスはほとんどが「はじめての暗渠トーク」状態です。
いいですね、このかんじ。燃えます。しかも持ち時間は2時間です


いろいろ考えて、こんな構成にしました。
キャプチャ
2段階のアイスブレイクを経たあと、
SideAでたっぷり暗渠の話、
SideBで私自身の仕事と暗活がどう結びついているか、
何をめざしてどこに行こうとしているか、
という組み立て。

そもそもお客さん集まるんかいな、と内心心配でしたが、
ありがたいことに各業界のビジネスパーソンを中心に
大学生からシニア世代までたくさんのお客様にお集まりいただきました。
ほんと感謝に堪えません。どうもありがとうございました。

わりと使いまわしが多くなりがちなSide Aでも、
今回は特に暗渠のみつけかたを中心に思い切って再編しました。
いつかどこかでこのお話、改めてしますね。

キャプチャ

そしてアタマをひねったのがSideB。
暗渠のことはともかく、はたして2000円もお支払いただいて、
無名の私のことなど聴いていておもしろいんだろうか・ためになるんだろうかと
この2か月ずっと前ビビり(前のめり、的なイントネーションで)が続きました。

結果的には、
・私のいる広告業界の変化
・今所属している会社の方向と自分自身の方向
・そこに、暗活の根源になっている自分自身の情動
みたいなものを、こんなふうにまとめてストーリーを作りました。

キャプチャ

途中には、同僚たちにずーっと言い続けている
メタ思考の話もたっぷり練り込んでいます。
キャプチャ4

もちろん間に『暗渠マニアックイズ(暗Q)』もはさみました。
今回は7つ。

というわけで、なんとか乗り切り、
そこそこにお愉しみいただけたのではないかと思っております。

…後日、「こんなことやりました」ってFacebook(←公私ともに使用)に上げたら、
さっそくお仕事上のクライアントさんから
「ちょっと、これ個別に聴きたい」とリクエストを頂いたのが嬉しかったです。
え?そういう場合のトーク料?高いんじゃないかって?
はい、そういうお客様のために、
今回は特別に基礎編DVD3巻、応用編2巻、それに現場で使えるオリジナル暗渠7つ道具とを
今回限りのセットにした、きままにらくらく30回払いのコースをご用意しております!
(って冗談ですからね)









『何でもない道路を語る会』終了!

おかげさまで大好評のうちに
『何でもない道路を語る会』、2018年9月29日に無事終了いたしました。
おいでくださったみなさま、ご注目くださったみなさま
そして2つ返事で登壇をOKしてくださった世界を代表するマンホーラー四天王、
会場を提供くださったtokyo bikeさま、
『妄想マンホールカレー』をケータリングしてくださった妄想インドカレーネグラさま、
そして暗渠マニアックス相方吉村さん、
どうもありがとうございました!

これで、9月の終わりとともに
「暗渠マニアックス 平成最後の夏に捧げる怒涛の熱きトークショーシリーズ」(毎回名前が変わる)、全8回の終了となります。
いや7月から3か月の間に詰め込みすぎましたw

*
当日の模様は、みなさまからたくさんいただいたツイートのまとめでもうだいたいの雰囲気はわかっていただけるのでは、と思います。

その上で、私なりの感想として、おおおっ!ってなったことを挙げると、
・マンホーラー4人の視点の差の大きさ。もともとマンホーラー同士といえども視点が違っているはずだし、その微妙な違いをたのしんでいただければと思ったんですが、予想以上に違いすぎてておもしろすぎ!だいたい鳥の話なんてするとは夢にも思わなかったですよMさん!
・ハコがおしゃれで大きさもぴったり!おまけにビールも飲めるしいい環境でした!
・ケータリングのネグラさんの創意工夫が想像のはるか上!素晴らしい料理作品でした。
・ためしに第三部だけ模造紙にキーワードを書き出してみたけど、これは結構いいかもしれない。このやりかたもっと工夫して深めてみよう。

ってところです。

もちろん反省点もいろいろ。次回に活かしたいと思います。

●仕込み中。
IMG_1633

IMG_1634




●本番中
IMG_1660

IMG_1641
IMG_1648


●模造紙メモ
IMG_1652
IMG_1651


●妄想マンホールカレー図解
IMG_1653

最新コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 尾方博士に「沖縄のスリバチ」を教わった日①
  • 尾方博士に「沖縄のスリバチ」を教わった日①
  • 尾方博士に「沖縄のスリバチ」を教わった日①
  • 尾方博士に「沖縄のスリバチ」を教わった日①
  • 尾方博士に「沖縄のスリバチ」を教わった日①
  • 尾方博士に「沖縄のスリバチ」を教わった日①
  • 『東京人 12月増刊』号に柴又地図ナイトの採録が掲載されています
  • 『東京人 12月増刊』号に柴又地図ナイトの採録が掲載されています
  • スーマーさんライブとのコラボトーク、やりました。
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
プロフィール

lotus62ankyo

  • ライブドアブログ