毎日暗活!暗渠ハンター (旧『東京Peeling!』)

『暗渠マニアック!』著者・中級暗渠ハンター(自称)髙山の書きなぐりメモブログ。中級とは上下の概念でなくどっちつかずの曖昧な(あやしい・胡散臭い)もの、というニュアンスでご理解ください。トークや展示などの告知もここでしていきます。以前まで『東京Peeling!』というタイトルで綴ってましたが容量限界に伴ってこちらに移動。

薄い本作ってみた

暗橋マニアック。『暗渠マニアック!』をセルフパロりました。(共著の吉村さん承諾済み)

暗渠に架かる橋ってあるでしょう。それが「暗橋(あんきょう)」。
その中でも、しっかり欄干まで残ってるところってあるでしょう。
そういうのって緑道や公園ではきちっと保存されて、まあありがちだけど
なんでもない道端に、いわば「野良」状態で残っている暗橋は数少ないでしょう。
東京23区内のそんなノラ暗橋を集めた薄い本を作りました。
名付けて、『ひっそりと、橋跡。~暗橋マニアック!』。
IMG_9777

FullSizeRender


初めてなんです、ZIN作るの。そこで千葉地図ラーの会の小川カイチョー(本職は印刷会社の役員さんです)にご相談して、
カイチョーの会社の株式会社正文社さんで印刷・製本をお願いし、実現しました。
小川カイチョー、お世話になりました。

A5版オールカラー24ページ、予定価格330円(税込)。
初版100部は、今後のイベントにて販売いたします。
目下確実なのは、10/3~6 茶嘉葉さんでの『台湾暗渠展』
10/12 ポルベニールブックストアさんでの「はま太郎」さんとのトークイベント
にて。
どうぞよろしくお願いいたします。

『はま太郎』のつくりかた feat.暗渠マニアックス トークイベントのおしらせ

先日「10月は台湾強化月間!」などと申しましたが、
横浜で呑みたい人の読む肴『はま太郎』の星羊社さんと、大船の本屋(ポルベニールブックストア)さんでトークイベントもやることになりましたー。
70557523_382417392426013_4943980847775612928_n

大船でやるけど、『はま太郎』16号 南区特集にあやかって
横浜と南区と暗渠のお話をします。
星羊社のお二人は、おそらく『はま太郎』を通して見ているもの・やりたいことなどのお話、
そして高山は16号寄稿記事に関する裏話やボツネタなどをお話しようかと思ってます。
吉村さんもおそらく…。

おたのしみに!


『はま太郎』のつくりかた feat.暗渠マニアックス
日時10/12(土)19時~20時40分
出演者:星羊社(星山さん、成田さん)、暗渠マニアックス(吉村生×髙山英男)
料金:ワンドリンク(ビールまたはソフトドリンク)付きで税込1500円

申込先はポルベニールブックストアさんにメールで!




10月は勝手に台湾強化月間。

10月は、暗渠マニアック!的に「台湾強化月間」とさせていただくことになります。

●理由その1
10/3発売の『東京人』11月号は、台北特集「ディープ台北の歩き方」です。
(東京人なのに台北かい!というツッコミもあっていいかと思いますw)
そこに暗渠マニアックスも寄稿させていただきました。
もちろん今回も吉村との縦目線・横目線分担での記事です!

●理由その2
これにリンクするように、南阿佐ヶ谷の台湾茶店「茶嘉葉」さんで、
台湾暗渠の展示とトークをやります!



トークは予約がいりますので、こちらから。
展示は吉村が中心ですが、
わたしはkawaatogramっていうミニコーナーをやろうかと思っています。
IMG_9611
こんなノリで。

●理由その3
これはまだ言えないことも多いんですが、10月下旬に
新宿区の某書店で台湾がらみの作家さんとのコラボトークイベントを実施予定です。
(詳細決まりましたらこちらでもお知らせいたします)

もう台湾ばっかの10月、どうぞよろしくお願いいたします。


…台湾とは絡まないのですが、葛飾区在住または勤務の方のみ対象でこんなイベントもあります。
こちらもご縁がありましたらぜひ、お待ちしております!




市場は台北の暗渠サインだ。

暗渠サイン」というフレームワークは、
もちろん日本で、特に私のホームグラウンドである東京で作られたものです。
まあこれが世界でも通するかどうか、
についてはこれからゆっくりと人類が検証していかねばならない大きな課題のひとつであると言えます。(←映画『アポロ11号』観たばっかなので気持ちが大きくなってる)

その手始めとして、台北。
以前から台湾というか東南アジアテイスト満載の「市場」については、川や暗渠と関係があるのでは、
とは思っていましたが、先日台北在住の作家・栖来ひかりさんとお話をしていたとき栖来さんもそうおっしゃっていたので、
いっちょ調べたるか、と思って
「台北市内の市場と暗渠の関係」をプロットしてみました。まだプロトタイプですけどね。
webで片っ端から市内の市場を見つけリストを作って地図にプロット。
その後川や暗渠との関係を調べ、以下の色分けをしました。
赤:川沿い・暗渠沿い
橙:もともとたんぼ(水は多かった)
黄:暗渠関係なし
青:確認できず



予想以上の結果になりました。
46件のプロットに対し「不明」を除くと37件。
これらが暗渠や川と隣接している割合はなんと75.7%。
たんぼの中など水がらみまで合計すれば86.5%という高率です。

これの詳報やなぜこんな結果なのかという推測は、
10月の「台湾×暗渠 強化月間」のなかのプログラムでご披露していこうと思っております!
それらの内容もおいおいこちらで告知してまいりますね。
どうぞお楽しみにー。
なにはともあれ、10月は台湾暗渠三昧、となりそうです。


★上の台北市場情報については、みなさんのお知恵もお借りして徐々に精度を上げたいと思っております。
ここにない市場をご存知でしたらぜひご一報くださいませ!

『はま太郎』16号 南区特集に寄稿しました。

何度かここでもご紹介してきた雑誌『はま太郎』。
その16号がぼちぼち店頭に並ぶ頃かと思うので告知です。
(とはいえエリアによっては手に入りにくいとも思いますので直販はこちらで。たのしい特製タオルセット販売もあります)
IMG_8481

今回は横浜のへそ、よこはまの原点南区特集です。
我々暗渠マニアックスも、吉村・髙山で15ページを持たせていただき
南区の暗渠をタテ目線・ヨコ目線で物語を書かせていただきました。
もちろん高山はヨコ目線です。今回は、横浜市内にある交差点のうち
・橋の名前の付く交差点
・そのうち、暗渠に架かる橋の名の付く交差点
を「ABC法」という手法でカウントし、その結果から南区独特の横顔を浮き彫りにする、というアプローチをしてみました。
単に面白そうだから試しにやってみっか、と始めたABC法ですが、
なるほどの結果が出て自分でも驚いています。
横浜18区別の「暗渠に架かる橋」カウント結果も付けておりますので、他区の傾向もご覧いただけるかと。
対するタテ目線の吉村は、
「横浜南区にも忍者が?」というタレコミ情報に始まる南区の暗渠のお話を。
今回も、互いに原稿が出来上がるまで特に打合わせもしなかったのですが、
意外に高山→吉村のつながりがいいのでちょっと笑いましたw。

暗渠話のほかにももりだくさんの内容ですよ。
(以下転記)
たっぷりの192ページでお届けするのは、1冊まるまる「南区特集」。横浜といったら、みなとみらいのある西区、山下公園に元町のある中区が中心だと思っていませんか? 実は横浜市のど真ん中に位置するのは南区! 高齢化進度が市内第1位だってなんのその。西区中区にはない、古き良き下町文化の宝庫なんです。
目玉 「南区の職人をたずねる」
戦後、伊勢佐木町が接収され、地元民たちの生活必需品の入手先は南区に集中した。それによって庶民的な商店街が発達。なかでも個人店で職人技を代々受け継ぐ店が多い。今号は製麺所、米店、豆腐店、捺染工場をたずねる!
連載 市民酒場を語る
横浜で昭和13年結成の、老舗飲食店組合「市民酒場組合」所属店の歴史と酒肴をめぐる。南区は市民酒場組合発祥の地だ!

■南陀楼 綾繁の古書店・居酒屋めぐり記
 今回は古本より角打ち3連発が効いたかも?!
■定食評論家 今 柊二 が南区の町中華を行く
■野毛のアイドル のげやまくん 4コマ 
■日本ナポリタン学会会長 南区「喫茶ナポリタン」
横浜で発祥したとされるスパゲティナポリタン。伝統のナポリタンの味の歴史をたどる。ナポリタンファン垂涎の大人気企画。舞台は南区京急沿線、黄金町駅・南太田駅・井土ヶ谷駅!

ハマの吟遊詩人スーマーが愛する南区食堂酒/路上園芸学会の街歩き/南区最強モナカ名鑑/手ぬぐい2本をつないでいこう「南区横断 銭湯★角打ちマラソン」/カウンター酒愛好家たちのひとりのみエッセイ。ほか色々
よく「ゲースィー高山」として前座トークでお邪魔している横浜の吟遊詩人スーマーさんの稿もあるし、
最近お近づきになれた路上園芸学会・村田さんの記事もあるし。

もちろんはま太郎オハコの南区飲み屋事情もたっぷり。

今回の件でけっこう南区には通ったんだけれども、
読んだらまた行きたくなっちゃいました…。




最新コメント
アーカイブ
ギャラリー
  • 薄い本作ってみた
  • 薄い本作ってみた
  • 『はま太郎』のつくりかた feat.暗渠マニアックス トークイベントのおしらせ
  • 10月は勝手に台湾強化月間。
  • 『はま太郎』16号 南区特集に寄稿しました。
  • 【お知らせ】8月・9月の公開暗渠イベントです!
  • 【お知らせ】8月・9月の公開暗渠イベントです!
  • 墨田区で暗渠のワークショップ。
  • 墨田区で暗渠のワークショップ。
記事検索
QRコード
QRコード
Amazonライブリンク
プロフィール

lotus62ankyo

  • ライブドアブログ